創業90年 渋谷駅前にある日本画・洋画・額縁の総合画材店

今と昔を繋げる描画材料


先端形状は基本形状のcorn(円錐)と、もう一端を応用性の高いBeveled(斜角)に仕上げた、オールハンドメイドの逸品です。
2ミリ芯用のホルダーに入れてご使用下さい。


〔素材〕銅(Brass)
〔サイズ〕径:2弌芯垢機50


今から500年以上も昔、鉛筆のない時代の筆記具「メタルポイント」をご存じでしょうか。
ファン・エイク、デューラー、レンブラントなど、多くの画家達もメタルポイントによるデッサンやスケッチを残しています。
 C.チェンニーニの『芸術の書』(1400年頃)によると、板や羊皮紙、紙などに、白く焼いた骨灰を地塗りして、先を尖らせた銀や鉛、真鍮などの金属棒を用いて描画するとあります。
 銀や、真鍮といった金属を削って生まれる線描は、鉛筆(黒鉛)とはまた異なった風合いが楽しめます。
また、経年による金属の酸化によって、線描は黒から独特の色調へ徐々に変化してゆく事も、メタルポイントの魅力です。
 いにしえの巨匠が使用した素材は、ギフトにはもちろん、素描材料としてプロからアマチュアまで、幅広くその描画表現に満足いただける材料です。


Q.なぜ、金属で描けるの?


A.画面の表面を擦った時、金属の先端が摩擦で削れ、微粒子の金属粉が筆跡として残ります。
空気にふれることで黒くなり、時間の経過とともに銀は褐色に、銅や真鍮は緑っぽい灰色に変色します。
これは、空気中に含まれる酸素や硫黄分との化学反応によるもので、独特の柔らかな色調に変化していきます。


Q.何に描けるの?


A.金属が削れやすいように、下地塗りがしてあるものなら筆跡が残ります。
紙では表面に塗工してあるアート紙やスノーマット紙、または下地処理の施してあるキャンバスはそのままでも描けますが筆跡は淡く濃淡が表現しにくいので、より強い発色をのぞむなら下地塗りが必要です。
簡単な方法としては、紙や板の表面にチタニウムやジンクが含まれる水性絵具を塗ったり、面胡粉などの炭酸カルシムや白土・リトポンなど粉状の体質顔料を水性バインダー(膠やアートレジン等)で練り、好みの濃度に薄めて下地として塗ります。


Q.先が丸くなってきた場合はどうするの?


A.耐水ペーパー400番等で削る事ができます。
メタルポイントに水を少し掛けながら削ります。
好みの形に削った後はバリが出ますので、コピー用紙などの紙に擦りつけバリを整えて下さい。

メタルポイント(真鍮筆)

ポイント 16pt
定価 1,650円(税150円)
販売価格 1,650円(税150円)
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

おすすめアイテムRECOMMEND ITEMS