創業89年 渋谷駅前にある日本画・洋画・額縁の総合画材店

水墨画などを描く際に墨液を作るのに使用します。
絵手紙、俳画、水墨画に適しています。
初心者から上級者の方までご使用頂ける青墨です。
淡墨にした際、青みがかった墨色が出ます。

日本の絵画で最も古くから黒の色として使われてきました。
墨は、松煙墨と油煙墨に分けられます。

松の木やそこから生じる松脂を燃やした煤を膠で練り固めた松煙墨と、菜種油、胡麻油、ヒマシ油や石油などを燃やした煤を膠で練り固めた油煙墨があります。
松煙墨は淡墨にすると青味がかった黒になるので青墨、油煙墨は淡墨にすると茶色味がかった黒になるので茶墨と呼ばれています。
現在はほとんど油煙墨のみの生産となり、それに藍などを加えて青墨としているものが多いです。


※墨液が衣服などに着いて時間がたった場合、落ちにくくなることがあります。
墨液を作るには硯が必要です。

青玄 1丁型

型番 玄林堂
ポイント 16pt
定価 1,650円(税150円)
販売価格 1,650円(税150円)
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

おすすめアイテムRECOMMEND ITEMS